第三期検証に向けた技術分科会資料公開

2016年11月25日に、品川インターシティにおいて次世代 NSP コンソーシアムの技術分科会が開催されました。この分科会では、第三期検証に向けた検証テーマについて議論され、オーケストレーション技術の検証について確認が行われました。

また、コンテナ技術の現状や OpenStack Summit の動向、Cloudify 等の MANO ソフトウェアの現状についての報告がありました。

  • 第三期検証の方向性とコンテナ技術に関する調査報告 (東京大学 関谷)
  • MANO技術検証の方向性 (東京大学 岡田)
  • Cloudify + OpenStack 検証報告 (ソフトバンク 堀場様)
  • Gluon/SmartNIC動向報告 (DELL  鈴木様)
  • OpenStack Summit Barcelona 2016 報告 (IIJ 斎藤様)

資料はメンバー専用ページから取得頂けます。

技術分科会開催のお知らせ

11月18日に、東京大学情報基盤センターにおいて、NSP コンソーシアム技術分科会を開催しました。

議題としては

  • 今後の短期間検証テーマについて
  • ハードウェア高速化技術
  • コンテナ技術を用いた NFV
  • 検証環境の整備方針

でした。約30名程度の皆様にお集まり頂き、議論を行うことができました。資料は「メンバーページ」にて会員の皆様にのみ公開しております。

第二期検証が進行しています

次世代 NSP コンソーシアムでは、第二期の検証を現在行っております。

第二期検証のテーマは、「チェイニングのためのネットワーク技術」です。まずは、以下のソフトウェアを利用したサービスチェイニングに関して、検証を開始しています。

  • OPNFV arno
  • OpenDaylight Lithium
  • OVS with NSH patch

ネットワーク分科会終了

本日、ネットワーク分科会を開催しました。お熱い中40名以上の皆様にお集まり頂き、誠にありがとうございました。

第二期検証に移らせて頂きますとともに、引き続き以下のテーマでの分科会を計画しております。

  • スケールアウトアーキテクチャ分科会
  • OpenStack + OpenDaylight 分科会
  • 最新ハードウェア分科会

また、第二期検証の経過も随時報告させて頂ければと思います。

ネットワーク分科会開催案内

コンソーシアムメンバー限定にて、ネットワーク分科会が開催されます。

この分科会は

  • サービスチェイニングの仕組み
  • サービスチェイニングを実現するネットワーク機能
  • NSH (Network Service Header) の検証
  • ネットワークコントローラの検証

を主たるテーマとし、第二期検証にてどのような技術を検証するかを議論するための場となっています。

是非、コンソーシアムメンバーにて興味ある方はご参加下さい。