コンソーシアム概要

  設立の背景

現在のインターネット利用環境は大きな変化を迎えており、モバイル端末数の増加や動画トラフィックの増加等による、広帯域化やマルチセッション化が進行しています。このような状況の中、ネットワークのインフラを支えるための設備投資コストや運用コストが大きな課題となり、クラウドに代表されるような、即時性を有したサービス展開、ならびに柔軟なサービス構成を可能とするネットワーク基盤が求められています。

このような背景を受け、インターネットサービスやモバイルネットワークを支える、柔軟かつ規模性に優れた次世代のネットワークサービス基盤が必要になると考え、次世代ネットワークサービスプラットフォームの検討と研究開発、ならびにその要素技術となる Network Function Virtualization (NFV) の検証を行うことを目的としたコンソーシアムを、慶應義塾大学SFC研究所にて立ち上げました。

NSP_Image

コンソーシアムの目標

次世代のネットワークサービスプラットフォームでは、新しいアプリケーションや通信傾向の変化に対して、ネットワークを動的に最適化していく仕組みが必要です。また、これらのネットワーク機能は、規模性に優れ、導入機器の利用効率や運用効率の面で経済的であることも重要です。この次世代サービスプラットフォームの実現には、NFVが欠かすことのできない重要な要素技術となると考えられます。しかし、NFVを取り巻く現状は、相互接続性と運用技術が十分に確立しているとは言えず、真に運用に耐えうる技術となるためには、さらなる検証と実運用を通じた技術と経験の蓄積が求められています。モバイル事業者で求められている vEPCや、ネットワーク接続事業者で求められるvCPE等も、その技術が本来のNFVの利点を生かすことのできる形態で運用されるべきです。そこで本コンソーシアムは、実運用と相互接続性を重視したNFVの検証を通じ、次世代ネットワークサービスプラットフォームの要素技術としてNFVを確立するための研究を行うことを目標とした活動を行います。

Objective

当コンソーシアムでは、NFV を次世代NSPの実現に向けて重要な要素技術として位置づけています。特にNFVの本質である、1)汎用ハードウェア環境、2)ハードウェアと分離されたソフトウェアネットワーク機能、3)マルチベンダによるインターオペラビリティ、4)豊富なネットワーク機能の連結によるサービス構築、5)動的なネットワーク再構成による最適化は、ネットワークを動的に最適化するにあたって欠かせない要素技術です。当コンソーシアムではこれらの要素技術を、実際の利用環境を想定したユースケースに基づいて、検証と実運用を通じて確立します。また、その過程で得られた知見を広く社会に対して還元していきます。

Relationship_with_NFV