活動方針

当コンソーシアムでは、次世代NSPを実現するための要素技術であるNFVを確かな技術とするため、下記に示す技術課題に対する検証、並びにアーキテクチャの議論を行います。

  1. 相互接続性の検証

NFVでは、共通化されたハードウェア基盤上に、複数のネットワークベンダが提供するソフトウェア化されたネットワーク機能が並列運用されます。ETSIやIETFにて提唱されている標準化モデルを基に、ソフトウェア化されたネットワーク機能をトポロジや場所に依存する事なく動的に展開するには、ハードウェアとソフトウェアが確実に協調動作可能であることを検証する必要があります。

実際のネットワークサービスは、複数のネットワーク機能を結合したサービスチェーニングによって実現されます。当コンソーシアムでは、参加者(通信事業者やシステム構築事業者)による、実サービスを念頭に入れたユースケースに基づいたサービスチェーニングの設計を行い、複数ベンダによるNFVの相互接続性を検証します。

特に、サービスチェーニングでは、そのサービス間をつなぐネットワークの制御も大きな課題となります。共通の接続インターフェースや、通信の制御に用いる経路制御手法などを合意した設計が必要になります。このような相互接続性の検証を、ネットワーク運用者、システム構築事業者、ネットワーク機器事業者、研究者によるチームにて行うことは、NFV技術の確立と普及にとって、大きな貢献となります。

 

  1. 性能設計(キャパシティープランニング)手法の検討

動的なネットワーク最適化には、処理性能指標が不可欠です。しかし、NFVを基盤とした次世代NSP環境においては、性能に与える様々な要素が存在するため、従来の専用機器と異なり、カタログスペック等による事前の性能指標の入手が困難です。本コンソーシアムでは、共通化のハードウェアプロファイルを標準化動向を元に制定し、サービスチェーニング全体での性能を推測する手法について検討を行います。

 

  1. マルチベンダ環境におけるMANO(Management ANd Orchestration)の検討

マルチベンダ環境での動的なネットワーク最適化には、ネットワーク機能の管理に対して共通化されたAPIが不可欠です。しかし、ソフトウェア化されたネットワーク機能の管理には、ネットワークベンダ固有の実装が予想されます。そのため、ネットワーク機能の種別や、サービスチェーニングによって構成されるユースケースシナリオに応じて、共通化されるべきAPIを検討する必要があります。また、その検討は実運用に基づく知見から得られるべきです。

当コンソーシアムでは、相互接続性の検証で実現したサービスチェーニングに基づいて、コンソーシアム参加者間で共通化が必要な管理機能、APIの記述方式などについて議論を行います。

 

  1. 規模性の検証

次世代NSP環境では、性能要求に応じて動的な拡大や縮小を行うことのできる規模性が求められます。Commercial off-the-shelf (COTS) と呼ばれるハードウェア基盤を用いて、必要に応じたスケールアウトやスケールアウトを実現するためのNFVアーキテクチャを検証します。Virtual Network Function (VNF) の連結の方法や構成、物理面であるVirtual Network Function Infrastructure (VNFI) と論理面であるサービスチェーニングの構成手法など、NFV本来の規模性の利点を生かすことのできるアーキテクチャを検討し、検証します。