NSP テスト環境利用マニュアル (TeraVM 版) 公開

NSPコンソーシアム参加企業様からご提供頂いているテスターを用いて自由に性能計測ができる環境を、コンソーシアム参加者の皆様に「NSPテストラボ」提供しております。今回、VM テスターである TeraVM を COBHAM Japan (Aeroflex Japan) 様からご提供頂き、マニュアルを作成しました。

現在、次の3種類のテスターが利用可能となっています。

  • IXIA ハードウェアテスター (IXIA Japan 様)
  • Spirent ハードウェアテスター (東陽テクニカ様)
  • TeraVM 仮想テスター (COBHAM Japan 様)

利用マニュアルはメンバー専用ページからご取得頂けます。

技術分科会 (OpenStack) 開催

2016年3月7日に NSP コンソーシアム技術分科会を開催しました。
次のテーマについて議論を行いました。

  • 第二期検証結果報告
  • NSH実装状況報告
  • OpenStack は NFV オーケストレータに使えるか

50名程の皆様にご参加頂き、盛況な会となりました。
当日の資料については、準備でき次第会員専用ページに掲載させて頂きます。

NSP テスト環境利用マニュアル公開

NSP の検証環境に入りハードウェアテスターを利用した性能計測ができる環境を、コンソーシアム会員の皆様に提供します。テスターとホストは 10Gbps イーサネットで接続されており、VPN で遠隔から入って自由に使って頂ける環境となっています。テスト環境利用マニュアルはメンバー専用ページから取得頂けます。IXIAさん、東陽テクニカさんのご協力の元に作成されました。

技術分科会開催のお知らせ

11月18日に、東京大学情報基盤センターにおいて、NSP コンソーシアム技術分科会を開催しました。

議題としては

  • 今後の短期間検証テーマについて
  • ハードウェア高速化技術
  • コンテナ技術を用いた NFV
  • 検証環境の整備方針

でした。約30名程度の皆様にお集まり頂き、議論を行うことができました。資料は「メンバーページ」にて会員の皆様にのみ公開しております。

IETF94 NFVRG における発表

パシフィコ横浜にて開催された IETF94 (Internet Engineering Task Force) 国際会議の NFVRG (NFV Research Group) において、コンソーシアムが提案するシンプルな SFC アーキテクチャについての発表を行いました。発表資料は「公開資料」のページに掲載してあります。

第三回総会開催

2015年10月23日に、慶應義塾大学北館ホールにて、次世代 NSP コンソーシアム第三回総会が開催されました。

主に第一期検証の成果報告と、第二期検証の中間報告が行われました。70名を超える多くの皆様にお集まり頂き、盛況な会となりました。

当日の資料は Member Only ページからダウンロード頂けます。

第二期検証が進行しています

次世代 NSP コンソーシアムでは、第二期の検証を現在行っております。

第二期検証のテーマは、「チェイニングのためのネットワーク技術」です。まずは、以下のソフトウェアを利用したサービスチェイニングに関して、検証を開始しています。

  • OPNFV arno
  • OpenDaylight Lithium
  • OVS with NSH patch